刹那(せつな)の瞬き

Willkömmen! Ich heiße Setsuna. Haben Sie etwas Zeit für mich?

Mac用に4K解像度のBenQ EW2880Uを購入しました

M1 Mac mini を購入してから 1 年経ちました。

今まで WQHD (2560x1440) な BenQ PD2700Q を接続していたのですが、そろそろ Windows/Linux 環境に戻す必要があり、新しくモニターを購入する事にしました。

....

購入したのは 4K 解像度 (UHD: 3840x2160) の BenQ EW2880U です。

一方、M1 Mac mini は HDMI2.0 や USB-C 経由での DisplayPort 出力に対応してます。

幸い BenQ EW2880U には、これらのケーブルが添付されてます。
長さに問題がなければ、添付されているケーブルで接続すれば問題ないはずです。

そして私の場合ですが、Thunderbolt 2 拡張ドック CalDigit TS2-JP-60 経由で周辺機器を利用しているため、少々事情が異なります。

CalDigit TS2-JP-60 は古い機器だけど、DispalyPort 1.2 で 3840x2160@60Hz の出力に対応しているので、この接続を試してみます。

....

接続を順に書き出すとこんな感じ。

  • M1 Mac mini の Thunderbolt ポート →
  • Thunderbolt 3 (USB-C) / Thunderbolt 2 変換アダプタ →
  • Thunderbolt 2 ケーブル →
  • Thunderbolt 2 拡張ドック CalDigit TS2-JP-60 →
  • Mini DisplayPort / DisplayPort 変換ケーブル →
  • BenQ EW2880U の DisplayPort 

DisplayPort 1.2 ですが、特に問題なく 3840x2160@60Hz で表示されてます。

....

macOS では UHD モニターを接続すると、擬似解像度が 1920x1080 になります。

Retina ディスプレイと同様に HiDPI な設定が有効になるので、デフォルトから擬似解像度を変更することも可能です。

私は WQHD くらいの解像度が欲しいので、「設定」-「ディスプレイ」-「サイズ調整」で、擬似解像度: 2560x1440 を選択してます。

購入後の感想

あ く ま で  私の感想です。

使用歴約 2ヶ月ですが、良かった点は

  1. ノングレアな IPS パネルでの UHD は美しい。
  2. PD2700Q よりスピーカーの音質が良い。
  3. DisplayPort 1.4 入力端子がある。※ DP 1.2 でも 3840x2160@60Hz 可
  4. リモコンが地味に便利。
  5. 標準/最大 消費電力は 35/130W と UHD では健闘。※なお PD2700Q は 28/58W
  6. 価格が安いのに費用対効果は高い。

一方で、悪かった点・惜しい点は

  1. モニタースタンドの足が V 字型で、PD2700Q より場所をとる。
  2. モニタースタンドの形状差で PD2700Q より 5cm くらい手前にきて困る。
  3. どのモードも仕事で使う私には明るすぎる。
  4. なので、輝度を絞ったパターンを複数保持したいが、そんな機能はない。
  5. USB 電力供給は 60W。PD2705U や Dell S2722QC は 65W だけど十分?

私の利用方法は一般的でないかもですが、BenQ EW2880U には概ね満足してます。

雑記

M1 Mac mini 用に 4K 解像度の BenQ EW2880U を購入した私ですが、以前にこんな記事を書きました。

やはりモニターとの距離感は大切でした。
EW2880U を机に置くと、距離が近くなりすぎて、どうしても目が疲れてしまいます。

机から落ちないようにギリギリのところに配置しても、画像が微細なところまで表現されてると見入ってしまい、いつの間にか顔を近づけてしまってます。

私は追加でモニターアームが欲しくなりました。

なぜ WQHD にしなかったのか

PD2700Q を Mac mini に接続すると、非 HiDPI な普通のモニターとして認識されます。
文字の美しさは HiDPI に劣るものの、ドットの扱いが見たままです。
むしろそれが良いので、私の用途では WQHD モニターに不満はありません。

今までの流れで、同じ機種か後継機を購入しようと調べてみたところ、PD2700Q の価格が購入時よりも想像以上に割高になってました。

昨今の世界情勢や為替レートによる価格改定なので、これは仕方ない事です。
ただ、割高になると、その価格帯は 4K モニターに届きます。

改めて 4K モニターも検討してみたところ、こちらは逆に以前より安くなってました。

....

PD2700Q を購入した頃は Windows/Linux 環境での利用が前提でした。
今でも Windows/Linux 環境での利用は WQHD モニターが最高だと思ってます。

Mac の場合、Retina が登場した頃から HiDPI モニターに対応してます。
既に MacBook ProRetina の諸々を体験してるので、導入に抵抗感はありません。
CPU/GPU 負荷が問題にならなければ、4K モニターで擬似解像度もアリです。

選択肢が増えたため、機種の選定に 3 ヶ月くらい悩みました。

そして、決めたのが BenQ EW2880U です。
PD2705U / PD2705Q と最後まで迷いましたが、価格差がありすぎました。

初 UHD だけど失敗してもいいや、と思いつつ購入しました。後悔はしてません。

 

おまけ: 購入前に参考にした記事

BenQ EW2880U の購入前に参考にした当時のレビューはこちらです。

どちらも深掘りされている記事なので、とても参考になりました。

今はネット上の記事も増えてるので、ピンポイントで自分の用途に合った情報やレビューが見つかるかもしれません。